医療の本質を学ぶ姿勢と、
すべてを尽くす至誠を。

faculty of medicine

医学部 医学科

  • EPISODEエピソード

    学生研究を通して研究の面白さを

    私が学部の学生と関わるのは、データサイエンスと学生研究、PBL腫瘍学の一部の講義ですが、特に、学生研究での成長ぶりにいつも驚かされます。
    医療統計室の学生研究では、研究テーマは関心に合わせ一人につき1テーマ決めてもらい、取り組んでもらいます。テーマを決めた後、関連の文献を探してもらいますが、自身の関心にフィットする英文論文を見つけてきて、きちんと読みこなして、皆に紹介してくれます。そして、分析ソフトの手法を学び、データを分析し、発表内容をまとめてくれるのですが、主体的かつスピーディに仕上げてくるので、能力の高さに毎回驚いています。
    学生研究発表のポスターの前で、堂々と説明している姿をみると大変頼もしく、誇らしい気持ちになります。
    学生研究を通して、研究の面白さを感じていただけていたらうれしいなあ、と思っています。

    医学研究支援センター 医療統計室 室長

    伊藤 ゆりいとう ゆり

  • EPISODEエピソード

    青は藍より出でて・・・

    私が医学研究の道に進んだ理由は、感染症に関する新しい治療法や検査法、予防法などを開発することで一度にたくさんの患者さんを救うことができるかな、と思ったこと。
    学生さんたちもみな夢や希望を持っています。地域医療にやりがいを見いだして北海道を研修先に決めた学生さんや、臨床医を目指しながら基礎研究にも旺盛な好奇心を持ち、自ら課題を見つけて研究を進める学生さんたちが微生物学・感染制御学教室に集まり、わいわいやっています。みな私にはない、すばらしい資質を持っています。

    当教室の同門会は「青藍会」という名前で、これは「青は藍より出でて藍よりも青し」という荀子の格言が由来です。教え子が先生を超えて活躍し、私の夢である「たくさんの患者さんを助ける」ことを彼らが実現してくれることを想い、日々ワクワクしています。

    微生物学・感染制御学教室 教授

    中野 隆史なかの たかし

  • EPISODEエピソード

    和して同ぜず

    私もそうだったからよく覚えていますが、医学部に入学することで何かを成し遂げたような気になります。しかし、入学は単に専門家としての入り口に立つ資格を得ただけです。
    医学部は専門家ばかりが集う場所です。医学部の6年間はそのスタートラインに立つための資格を得る時間です。長い長い道のりがこの先も続いていて、先に進んでいくためには学生時代につちかった好奇心と体力が重要になります。さらに、周囲と仲良くしながら (変に悪目立ちせず)も、考えることまで同じにせず自分の頭を使って考え、自分の身体を使って動くことで問題を解決していく。そういったトレーニングを積む期間ではないでしょうか?

    私が見てきた限り一廉の人物は、周りの人と仲良くやっていますよ。

    神経精神医学教室 教授

    金沢 徹文かなざわ てつふみ

  • EPISODEエピソード

    学生研究で共同研究に携わったことが、様々なことに挑戦するきっかけに

    学生生活がほかの学部よりも長いので、様々なことに挑戦する機会が多いことは医学部の大きな利点だと思います。
    医学部キャンパスの廊下にはイベントやセミナー、ボランティアのポスターが貼られているのですが、廊下を通るたびに次は何に挑戦しようとわくわくしています。3年生の1年間で、学会発表と面会交流のボランティア、ハワイ大学のワークショップに参加しました。今年は他大学のサマーインスティテュートと大阪万博のボランティアをしてみようと考えています。
    何でもやってみようと思うようになったきっかけの一つが学生研究です。皮膚科学教室と微生物学教室の共同研究に携わり、基礎だけでなく臨床の先生のお話を聞くことができました。
    研究の先には患者さんがいること、1つの研究開発の背景には蓄積された多数の研究があることを実感しました。

    医学部(2021年度入学)

    門田 華もんた はな

  • EPISODEエピソード

    「今」を全力で

    COVID-19が蔓延し始めて2年が経とうとしています。そんな中、突然授業や部活ができなくなるなど、学生生活は一変してしまいました。しかし、この現状は変えられるものではありません。「今」を充実させる方法、それはワクワクすることを見つけ、全力で向き合うことです。
     部活動禁止の期間中、学生研究というカリキュラムがありました。そのカリキュラムは先生のアドバイスを元に、ゼロから研究に挑戦し、構築していくものでした。
    それは非常に刺激的で、私はこの学生研究にのめり込んでいました。カリキュラムが終わった後も微生物学・感染制御学教室で研究を続けるチャンスをいただきました。
     本学には何かに対して楽しみながらひたむきになっている学生にチャンスを与えて下さる先生方が多く、これは本学の魅力だと考えます。この恵まれた環境の中、残りの2年間、「今」にしっかり向き合い、楽しみ、出来ることを全力でやっていこうと思っています。

    医学部(2018年度入学)

    伊藤 直司いとう なおし

  • EPISODEエピソード

    いい意味で言い訳ができない環境です

    この大学は学生生活において、様々な面で環境が整っています。

    まず先生に質問がしやすいです。授業内容に加えて、自分が興味のある科について、その科の先生から詳しく聞くことができます。また、実際に病院で働く先生と話すと、モチベーションが上がります。

    次に3回生時に行われる学生研究という授業で、学生のうちから研究に携わることができます。一から自分で実験や資料作りをするので、この経験は将来にとても役に立つと思います。

    最後にこの大学は、奨学金など学生への支援がとても手厚いです。困ったことがあれば、必ず話を聞いてくれるため、安心して学生生活を送ることができます。

    自分の選択肢を増やしてくれる大学に入ってよかったと思います。

    また、これだけ整った環境では、サボっているとすぐにバレてしまう。
    いい意味で言い訳ができない環境だなと思います(笑)

    医学部(2020年度入学)

    兪 知樹ゆう ともき

未来に届く学びがある

学びの特徴

臨床実習

グローバル・スタンダードに対応し、新カリキュラムの臨床実習時間数は計66週と大幅に増加。1年次の「早期体験実習」から、4〜6年次の診療参加型臨床実習(クリニカル・クラークシップ)まで、継続的に現場経験を積みます。

臨床実習について詳しく見る

Post-CC OSCE

卒業時の能力を評価する臨床実習後OSCE(Post-Clinical Clerkship OSCE;Post-CC OSCE)を実施しています。 臨床実習前に行われるOSCEは学生による医行為の違法性を阻却する他、基本的な医療面接、身体診察、臨床手技が手順通りにできるかを評価する意味合いがあります。Post-CC OSCEは、臨床実習で学んだ診察、診断、発表能力を総合的に評価し、卒後の初期研修との貫性担保のために行います。

Post-CC OSCEについて詳しく見る

Core-CC

4年次後半から、大学病院でコア クリニカル・クラークシップを開始します。従来は主に診療科単位で2週間の実習でしたが、コースを再編し、重点コースでは4週間の実習を行います。

Core-CCについて詳しく見る

アクティブラーニング

具体的なケースを用いて、グループで検討・討論する問題解決型の授業。PBL (Problem Based Learning) や TBL (Team Based Learning) などのアクティブラーニング手法を取り入れ、主体的な学びの場を増やしています。

アクティブラーニングについて詳しく見る

学生研究

新カリキュラムでは6年間通じて受講できる「学生研究員プログラム」を新設。早期にリサーチマインドを醸成し、EBM(Evidence-Based Medicine)を実践できる医師の養成を目指しています。

学生研究について詳しく見る

数理・データサイエンス・AI教育プログラム

本学の数理・データサイエンス・AI教育プログラムは、 「データを正しく評価、活用する基盤となるリテラシーを身に着け、Society5.0における医療人として必要なデータサイエンスの基礎を修得する」「データサイエンスおよびAI導入により激動する未来の医療界における自らの在り方を省察し、諸問題を解決する能力涵養」を学修目標としています。

数理・データサイエンス・AI教育プログラムについて詳しく見る

01

人を知り学びを積む

6年間の学び

  1. 1
    学年

    今後6年間にわたる医学部での学びの中で、“医師になるのだ”という覚悟を心に刻む1年間になります。医療プロフェッショナリズムの学びや準備教育を通じて、医療人としての心構えを身に付けます。1年次のカリキュラムは総合教育が主体ですが、その中には、人と自然との関係性や、命とは、など生命現象について考える科目が多く配置されています。生命科学の中心的分野の一つとされる医学を追究する上で、広範な視野を持つことは、非常に重要です。

  2. 2
    学年

    2年次の基礎医学では、正常とは何か、病気とは何か、人の体の中で何が起こっているのか、など人体について深く学びます。基礎医学はその名のとおり“医学の基礎”。真剣に取り組まなければ、後に控える臨床医学の学びにおいて、発展はありません。医師の誰もが「2年次の基礎医学は、本当に大事。手を抜けば、取り返しのつかないことになる」と振り返るほど。将来、中身のない医師になってしまうか否かが、ここで決まると言っても過言ではありません。

  3. 3
    学年

    2年次までに学んだ人体の構造や機能、病気の成り立ちといった基礎医学の知識をベースに、臨床医学の学びが始まります。教科書の内容を講義するだけではなく、学生と学生、学生と教員が積極的に意見交換を行うアクティブラーニングの手法を取り入れ、臓器・器官別に正常・異常、内科・外科、基礎・臨床といった全方位から学んでいきます。予防〜診断〜治療に至る一貫した流れも体験するため、臨床医としての初歩を学ぶといってもいいでしょう。得た知識を、患者さんの苦しみを解決する“生きた知識”にすることが大目標です。

  4. 4
    学年

    4年次の臨床医学は、3年次から続く臓器・器官別の学びに、ライフステージ別の学びが加わります。人の一生を視野に入れ、それぞれのステージにおける医療を学び、先進医療とともに、地域医療にも対応できる基礎力を養うことが目標です。同時に”全人的に診る”視点を獲得しながら、医師にとって重要な”問題の本質を発見する”能力を磨き、コア・クリニカル・クラークシップ」へと学びをつなげていきます。アクティブラーニングでは、PBLやTBLチュートリアルを通じたグループワークやディスカッション、クリッカーや遠隔システムを利用した双方向授業を実施しています。

  5. 5
    学年

    5年次は、4年次からの「コア・クリニカル・クラークシップ」を継続して行います。大学病院の全科を44週かけて回るこの実習は、大きく13のコースに分けられ、消化器なら“消化器コース”として診療科の壁を取り払い、内科・外科なども連動させて行います。学生に積極的な診療参加を促し、指導医の指導のもと、患者さん1人を担当、できるだけ多くの医行為を経験します。さらに現役医師が「最も難しい」という診断と、その後の方針決定、治療にも携わります。またチーム医療に参加することで、医師、看護師、薬剤師、他の医療従事者との多職種連携を経験する絶好の機会となります

  6. 6
    学年

    5年次1月から6年次にかけて、22週間に及ぶ「アドバンスト・クリニカル・クラークシップ」を実施します。基本的には、学外病院、医療施設で実習することになります。5年次まで実習を行う大学病院は、特定機能病院であるため、紹介の患者さんがほとんど。一方、学外病院では、初診から患者さんを診るケースも多く、大学病院とは異なる環境の中で、新たな良い経験ができれば、将来の選択肢の幅は、大きく広がります。