薬学研究科 薬学専攻 博士課程

目的

臨床及び医療に密接に関連する薬学研究分野において、広い視野と高い専門性を備えて国民の健康の維持増進ならびに疾病の予防及び治療を担う優れた研究者・教育者・医療人となることができる人材を養成することを目的とする。

がん専門薬剤師養成コースの目的

博士課程(4年制)に設けるがん専門薬剤師養成コースは、がん医療分野における薬剤師としての高度な技術を有し、安全で有効な医療を推進することができる人材の養成を目的とする。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程の学位授与の要件は、所定の期間在学し、博士課程の教育・研究の理念に沿った教育・研究指導を受け、博士論文の審査、試験に合格し、博士課程を修了することです。授与する学位は「博士(薬学)」とし、審査にあたり、
  1. 薬学研究に貢献できる十分な能力を有し、高度かつ広範で最新の知識、並びに高度かつ優れた技能・態度・倫理観・責任感等を身に付けていること。
  2. 優れた臨床的洞察力・観察力・解析力を持ち、臨床現場に精通していること。

を学位授与の基準とします。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程において、臨床・医療薬学領域における広い視野と専門性の高い研究能力の涵養を行い、高度な知識と技能をもって国民の健康の維持増進、公衆衛生の向上並びに疾病の予防、治療等に資する優れた人材を養成するための教育研究を基本とします。そのため、
  1. 医療薬学、生物・予防薬学と創薬化学、臨床・医療の実践による薬学臨床、さらにこれらを有機的に連携させたトランスレーショナルリサーチと臨床からのフィードバックを取り入れた、総合的な臨床・医療薬学教育を行います。
  2. 科目を通じて、専門性の高い研究力、研究成果や情報の正確な伝達能力・説明能力を養成するとともに、臨床・医療の分野で求められる崇高な倫理観、使命感を涵養します。科目は講義、演習に分けて開講するとともに、特別研究を配置します。

がん専門薬剤師養成コース 学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程の学位授与の要件は、所定の期間在学し、博士課程の教育・研究の理念に沿った教育・研究指導を受け、博士論文の審査、試験に合格し、博士課程を修了することです。授与する学位は「博士(薬学)」とし、審査にあたり、
  1. 薬学研究に貢献できる十分な能力を有し、高度かつ広範で最新の知識、並びに高度かつ優れた技能・態度・倫理観・責任感等を身に付けていること。
  2. 優れた臨床的洞察力・観察力・解析力を持ち、臨床現場に精通していること。
  3. がん専門薬剤師に求められる医療における実践を体験し、臨床研究に従事して症例報告や症例検討を行うことができること。

を学位授与の基準とします。

がん専門薬剤師養成コース 教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

本大学院薬学研究科薬学専攻博士課程がんプロコース(がん専門薬剤師養成コース)において、臨床・医療薬学領域における広い視野と高い専門性、研究能力の涵養を行い、高度な知識と技能をもって国民の健康の維持増進、並びに疾病の予防・治療等に資する優れた人材を養成する教育研究を基本としつつ、がん医療における高い専門性と研究力を備えた、がん専門薬剤師となるための基盤教育を行います。そのため、
  1. 医療薬学、生物・予防薬学と創薬化学、臨床・医療の実践による薬学臨床、さらにこれらを有機的に連携させたトランスレーショナルリサーチと臨床からのフィードバックを取り入れた、総合的な臨床・医療薬学教育を行います。
  2. 科目を通じて、専門性の高い研究力、研究成果や情報の正確な伝達能力・説明能力を養成するとともに、臨床・医療の分野で求められる崇高な倫理観、使命感を涵養します。科目は講義、演習に分けて開講するとともに、特別研究を配置します。
  3. がんに対する基礎と応用の高い研究能力を身に付けるため臨床研修を実施します。がん医療の高度化・均てん化に貢献することのできる知識と技能、態度を修得できるよう、症例報告、症例検討に参加します。

令和2(2020)年度 募集研究室一覧・主な研究内容

領域 (研究室)指導教員 研究内容





(病態分子薬理学研究室)
教 授 大喜多 守

  • エンドセリンの生合成機構と病態薬理学的研究
  • 一酸化窒素の病態生理学的研究
  • 急性腎障害(AKI)並びに慢性腎臓病(CKD)に関する薬理学的研究
  • 各種循環器疾患に対する新規治療薬の開発研究
  • 腎臓及び心臓の交感神経活動とその調節機構に関する研究
  • 各種機能性食品の薬理学的研究

(薬品作用解析学研究室)
教 授 大野 行弘

  • 精神神経疾患の病態および薬物治療研究
  • セロトニン神経系の機能解析および創薬応用研究
  • 新たな神経疾患モデルの開発と治療薬探索研究
  • 中枢神経作用薬の薬理研究

(薬物治療学研究室)
教 授 松村 人志
准教授 幸田 祐佳

  • 脳機能を維持するための体内機序、特に睡眠の調節系とその役割に関する研究
  • 統合失調症や依存症等の精神疾患とその治療薬に関する臨床研究及び基礎研究
  • 耐糖能異常と生活習慣病の発症・進展機序に関する研究
  • 生体防御の視点からみた上皮膜機能に関する研究

(循環病態治療学研究室)
教 授 林  哲也
准教授 井尻 好雄
准教授 加藤 隆児

  • 動脈硬化・心不全の発症・進展に関する分子形態メカニズムとストレス応答
  • 睡眠時無呼吸症候群に関連する間歇的低酸素負荷と戦略的ラジカルスカベンジャー療法
  • 薬剤性肝障害等の重篤副作用の予測・予防
  • 治療法に関する研究
  • 抗がん薬の体内動態に関する研究

(生体分析学研究室)
教 授 天滿  敬

  • PET・SPECT画像診断用放射性医薬品の開発に関する研究
  • MRI・光イメージングのための分子プローブ開発に関する研究
  • がんの早期質的診断並びに治療効果判定に関する分子イメージング研究
  • 中性子捕捉療法によるがんの治療のための薬剤開発研究
  • 病態モデル動物を用いた各種疾患の診断・治療法開発に関する研究

●(病態生化学研究室)
教 授 藤森 功

  • 脂質メディエーターとそれらの代謝物の機能と産生調節機構に関する研究
  • 脂質メディエーターによる各種疾患制御の分子機構の解明と調節化合物の開発
  • 肥満制御の分子機構と新規抗肥満薬開発に関する研究
  • エピジェネティック制御に関する研究

(薬物治療学II研究室)
教 授 福森 亮雄

  • 認知症の病態解明と診断・治療法開発に関する基礎・臨床研究
  • 自己免疫性脳炎の病態解明と診断法の開発に関する基礎・臨床研究
  • 非天然アミノ酸を用いた受容体のリガンドを探索する基礎研究
  • Crispr/Cas 9 を用いたノックイン動物の作成とその解析
  • 有機試薬の合成とその構造解析並びに分析化学への応用に関する研究
  • 病態関連物質の測定法の開発に関する研究
  • 生理活性作用を有する金属錯体の創製に関する研究





(薬剤学研究室)
教 授 永井 純也
准教授 本橋 秀之

  • 病態時における薬物動態変動の分子機構解析とそれに基づく薬物投与法の至適化に関する研究
  • 薬物動態制御分子を標的とした薬効増強および副作用低減に関する研究
  • 間葉系幹細胞を利用した医薬品の有効性
  • 安全性の向上と細胞医薬品としての有効性評価に関する研究

(製剤設計学研究室)
教 授 戸塚 裕一
准教授 門田 和紀

  • 難水溶性医薬品の溶解性と吸収性改善に関する研究
  • 機能性添加剤を用いたナノ複合体形成とその応用に関する研究
  • 機能性微粒子の開発に関する研究

(社会薬学・薬局管理学研究室)
教 授 恩田 光子

  • 医師-薬剤師連携による高齢者の薬物療法適正化に関する研究
  • 薬剤師による在宅ケアサービスのアウトカムに関する研究
  • 慢性疾患管理による地域ケアモデルの構築とその臨床
  • 経済的効果に関する研究
  • 薬局におけるセルフメディケーション支援サービスの普及に関する研究
  • 薬局を起点とした認知症早期発見体制の構築に関する研究
  • 介護施設における薬物療法上の問題と薬剤師による関与の効果に関する研究
  • 医薬品情報の授受に関するギャップ分析
  • 服薬アドヒアランスへの影響要因に関する研究
  • 諸外国における薬剤師業務の比較研究

(臨床薬学教育研究センター)
教 授 岩永 一範
教 授 中村 任
教 授 中村 敏明
准教授 角山 香織
准教授 細畑 圭子

  • 服用メディアの違いによる薬物の消化管吸収変動の解析
  • 癌化学療法の有効性と安全性に対するバイオマーカーの探索と臨床評価
  • 医薬品情報の評価および活用に関する研究
  • 各種医療データベース解析に基づく医薬品適正使用に関する臨床薬学研究
  • 個別化医療を目指した薬物動態制御タンパク質のファーマコゲノミクス研究








(衛生化学研究室)
教 授 奥平 桂一郎
准教授 佐久間 覚

 

  • 動脈硬化関連因子の機能と生理的意義に関する研究
  • がん治療を指向した製剤開発に関する研究
  • 細胞内タンパク質分解誘導による新規抗がん剤の開発研究
  • 核酸による遺伝子発現制御機構に関する研究
  • 酸化ストレスが関与する病態発症機序と制御因子に関する研究
  • 脳血管内皮細胞のtight functionの分子機構と制御因子に関する研究
  • 医薬品による環境汚染の動態と除染技術の開発

(生体機能解析学研究室)
教 授 駒野 淳
准教授 宮本 勝城

  • 宿主-病原体相互作用の解析を通じた病原性発揮メカニズムの解明
  • 感染症に対する新たな治療戦略の開発
  • 微生物の医用・産業利用に関する研究

(生体機能解析学研究室)
准教授 坂口 実

  • がん細胞増殖に対する薬物の効果と作用機構に関する研究
  • タンパク質分解酵素の細胞生物学的機能解析とその阻害薬に関する応用研究
  • 細胞の生存や傷害保護および分化促進活性を有する化合物の探索研究

●(生化学研究室)
教 授 福永 理己郎

  • 造血サイトカインによる細胞増殖と分化の分子メカニズムの研究
  • プロテインキナーゼを介した細胞内シグナル伝達機構の研究
  • リン脂質加水分解酵素の酵素機能の分子論

●(薬品物理化学研究室)
准教授 友尾 幸司
准教授 尹 康子

  • タンパク質生合成開始因子の構造機能解析
  • タウタンパク質の自己重合機構の解明と重合阻害剤の開発
  • 放線菌におけるキシロオリゴ糖細胞内輸送機構の解明
  • 新規抗菌薬の開発を目指した病原性細菌の鉄取り込み機構の解明





(機能分子創製化学研究室)
教 授 浦田 秀仁
准教授 和田 俊一

  • プロドラッグ型新規修飾核酸の合成とRNA干渉などを利用した遺伝子発現制御分子の開発
  • プロドラッグ型siRNAを用いた家族性高コレステロール血症治療薬の開発
  • 細胞内移送能を有する細胞膜透過性ペプチドの開発
  • 細胞膜透過性ペプチドの核酸医薬細胞内デリバリーツールとしての応用
  • がん細胞を可視化するペプチド性イメージング分子の開発
  • 金属イオン架橋型塩基対の形成を介するDNAポリメラーゼの複製反応に関する研究
  • 非天然型鏡像体核酸の合成とその高い生体内安定性を利用した細胞情報可視化ナノ分子の開発

(医薬分子化学研究室)
教 授 平野 智也
准教授 山田 剛司

  • 医療への応用を志向した光機能性分子の開発
  • ヒストンメチル化酵素に対する阻害剤および機能解析手法の開発
  • エピジェネティクスを解析するための化学的手法の開発
  • 海洋生物由来菌類、植物および食用キノコからの生物活性分子探索

●(有機薬化学研究室)
教 授 宇佐美 吉英

  • 乳がん増殖抑制作用を目指した創薬研究
  • 核酸化学におけるイミダゾール役割解明のための合成研究
  • 新規ヒスタミンH3及びH4アンタゴニストの創製とその応用
  • 抗腫瘍性海洋天然物及びその類縁体の合成と生理活性に関する研究
  • クロスカップリング法による複素環化合物への直接的置換基導入法の開発
  • テトラゾールからカルベンの発生機構の合成化学への応用
  • 創薬研究で求められる天然に存在しないアミノ酸の効率的な供給を目的とした容易に調達可能な原料基質を直接変換する新たな触媒反応の開発

●(生薬科学研究室)
教 授 谷口 雅彦
准教授 芝野 真喜雄

  • 各種生薬成分の構造解析と生理活性に関する研究
  • サプリメントの有用性に関する研究
  • 生薬および漢方製剤の品質評価法に関する研究
  • 生薬熱水抽出エキス中の生理活性物質に関する研究
  • ペプチドのコンホーメーションコントロールに関する研究
  • 機能性ペプチドの構造解析とデザイン
  • 膜透過性ペプチドに関する研究

●(分子構造化学研究室)
教 授 土井 光暢

  • ペプチドのコンホーメーションコントロールに関する研究
  • 非天然型アミノ酸を用いた膜透過性ペプチドの開発
  • 機能性ペプチドの構造解析とデザイン

志願者は、予め担当指導教員に、研究内容等について相談しておくこと。
●を付した研究室は、薬科学専攻との兼担研究室として研究指導を受けることができる。