看護学教育センター

看護学教育センターは、看護学部の教育課程が円滑に進められるように教育計画、教育環境整備、医看融合教育、授業評価、FD(Faculty Development)等に関する事項の企画・調整・実施・評価を行う役割を担っています。

主な役割

◎教育課程の展開に関する事項
◎シラバスの作成や時間割に関する事項
◎学生の成績、進級、卒業の判定に関する事項
◎授業評価の実施・改善に関する事項
◎FDに関する事項
◎教育環境整備に関する事項

本年度の活動

 大阪医科大学は、今年の4月に大阪薬科大学と統合し、大阪医科薬科大学として新しい大学が誕生し、これまで以上に多職種連携教育に力が注がれています。1年次では「多職種連携論1‐医療人マインド」、2年次では「多職種連携論2-医療と専門職」、3年次では「多職種連携論-医療倫理」及び臨地実習における「多職種合同カンファレンス」、4年次では「多職種連携論-医療安全」というように、医学部と薬学部の学生とともに医療の要となるチーム医療を学べるようにしています。また高知県での地域医療実習を、少人数ながら3学部の学生たちでチームを組み継続しています。
 本年度も、昨年に引き続き新型コロナ感染症拡大に伴い前期授業は面接授業と遠隔授業(テレビ会議システムを用いた同時双方向授業)を取り入れて、学修の質を担保しながら授業を進めています。
 そして、双方向授業や自律的学習を可能とするために授業支援システム(CaLabo LX)を整備し、グループディスカッションやターニングポイントを活用したアクティブラーニングを取り入れて授業を行っています。さらに、看護技術の主体的な学びができるよう、実習室にセルフトレーニングコーナーを整備し、いつでも自己学習できる環境にしています。そして、学生の皆さんの看護技術のスキルの向上をめざした企画を行い、臨地実習が円滑に進むように自己学習のサポートをしています。
 学修成果をみる成績評価は、GPAを活用しながら学修指導に役立てるとともに、学生が自己の学習状況を客観的に捉えることができるようにしています。
 
 
看護学教育センター長
鈴木 久美

看護学教育センターでは看護実践能力育成のために、学習支援のプログラムを企画しています。