機器一覧/利用案内

研究機器部門の機器を利用する際は、必ず最新版の「利用手引き」をお読みください。

機器・会議室予約/機器一覧

ご利用の流れ

  1. 初めてご利用の方

    研究機器部門の機器を利用するには利用登録が必要です。所定の「利用申請書」に記入していただき、3F 医学研究支援センター(研究機器部門)事務室まで提出してください。年1回(毎年4月〜5月頃)利用登録の更新を行います。

     利用申請書 【 Word形式  / PDF形式  
  2. 利用登録が終わっている方(本学研究者、学部生、学生研究員、学外者)

     継続して機器を利用される場合は、毎年度更新手続きが必要です。
     1.本学研究者(レジデント、非常勤教員を含む)
      毎年、4月中旬から下旬頃に更新手続きのご案内をいたします。
      ELNOによる研修を受講していただくことにより年度更新手続きを行いますので、
      指定された期間内に必ず受講してください。
     2.学部生・学生研究員
      毎年度申請が必要です。指導教員を通じて「特別利用申請書(学部生・学生研究
      員)」を医学研究支援センター事務室まで提出してください。
     3.学外者
      毎年度申請が必要です。本学の共同研究者を通じて「特別利用申請書(学外者)」
      を医学研究支援センター事務室まで提出してください。

       ※ 2023年度更新手続き完了者はこちらからご確認ください。(学内専用)

  3. 施設および各機器の説明

  4. 機器予約

    ほとんどの機器が予約可能となっていますので、利用前にグループウェアで予約してからお使いください。

    予約方法はこちらをご覧ください。

    その他、利用者同士での申し合わせや慣行があり、これを遵守した上で利用することが原則となっております。

  5. 実験

    必要な物品等は利用者が各自で用意し、機器使用の際は、測定・観察ができる状態になった試料を持参してください(試料作製装置を除く)。
    また使用後の後始末は責任を持って行って下さい。

    不明な点や各機器の使用ルールは、当部門スタッフに尋ねてください。(特に、初めて使用する機器については使用方法、使用ルール等を必ずスタッフに確認してください。)

各種申請書

No 申請書名称 説明 Word or PDF
様式1 研究機器部門利用申請書 研究機器部門利用時に申請  / 
様式2 ユーティリティー設備使用届 以下の設備を使用する際に申請
細胞保存タンク -160℃
サンヨー ディープフリーザー -85℃
日本フリーザー ディープフリーザー -85℃
緊急避難用ディープフリーザー -85℃
緊急避難用(物品)低温実験室 4℃
 / 
様式3 留置届 自室の機器を留置する際に申請
※期間、場所など事前に相談を行うこと。
 / 
様式4 貸出届 やむを得ない理由で機器を自室に持ち帰る際に申請
※期間、場所など事前に相談を行うこと
 / 
様式5 見学届(学内) 当部門内の見学を行う際に申請
※期間、場所など事前に相談を行うこと
 / 
様式6 見学依頼書(学外) 学外の研究者が当部門内の見学を行う際に申請
※期間、場所など事前に相談を行うこと
 / 
様式7 NGS解析依頼書(pdfは見本) 次世代シーケンス(NGS)の解析を依頼する際の依頼書  / 
様式8 学部生・学生研究員特別利用申請書 学部生・学生研究員の特別利用申請  / 

利用料金表

利用者負担金

※2023年6月1日より料金を一部改定しました。
系名 品名 金額
分子代謝解析系 ジェネティックアナライザーSeqStudio 1検体 150円
ユーティリティ2 液体窒素利用料 400円/L
超低温フリーザー 1ストッカー (パナソニック) 1,000円/月
超低温フリーザー 1ストッカー(日本フリーザー) 1,000円/月
気相細胞保存タンク 1ストッカー 6,000円/月
細胞解析系 BD FACS Aria 1時間 200円
AccuDrop 1回 300円
特定生物安全実験系 P3安全キャビネット 1基 50,000円/月

GENETYXの利用について

 遺伝情報処理ソフトウェアGENETYXは、核酸・アミノ酸配列入力編集、核酸・アミノ酸配列解析、インターネット検索支援、シーケンスアセンブラー、次世代シーケンス解析、配列データベース等、多岐にわたる解析が可能なソフトウェアです。
なお契約ライセンス数は、Windows版/Mac版 混在型で同時利用ライセンス数は4台です。

現時点のバージョン(2022.7)
GENETYX-MAC VER.21(Macintosh)
GENETYX VER.16 (Windows)
 
 
利用するための手続き 利用するための手続きについて
1. 登録方法
   教室単位の申請登録制です。※ 個人単位ではありません。
 
2. 申請書類
   1) 遺伝情報処理ソフトウェアGENETYX利用申請書
     ① 教室責任者の承認
     ② 教室代表者(教室連絡窓口)を決めてください。
        ※ 非常時や大きな変更が生じた際の連絡窓口になれる方をお願いします。
     ③ アカウント・パスワードの作成
     ④ 利用者の登録(利用者氏名、PCName、OS情報)  
 
   2) 教室代表(連絡窓口)変更届
     ① 教室代表者を変更される場合は、速やかに変更届を提出してください。
 
   3) 提出先
      総合研究棟3F 研究機器部門事務室
 
各種申請書  ダウンロード
1) 遺伝情報処理ソフトウェアGENETYX利用申請書 [ Word版 ]   [PDF版]
1)          〃    (利用者・PC名追記分)続紙 [ Word版 ]   [PDF版]
2)    〃    (教室代表者(連絡窓口)変更届 [ Word版 ]   [PDF版]