遺伝子組換え生物・病原体等使用実験教育訓練講習会

教育訓練について

大阪医科薬科大学において新規に遺伝子組換え生物等使用実験・病原体等使用実験を開始される方は、各種法規、実験の内容に応じた拡散防止及び安全確保の考え方を理解していただくために、事前に大阪医科薬科大学医学部・看護学部生物安全管理委員会が実施する教育訓練を必ず受講していただく必要があります。
 

教育訓練の内容

  • 実験の内容に応じた拡散防止及び安全確保の考え方
  • 関連法規の説明
  • 本学における実験に関する諸手続き等の説明

教育訓練受講対象者

  • 実験責任者及び実験従事者 ※研究補助員の方も受講が必要になります
  • これから実験責任者または実験従事者として遺伝子組換え生物等の第二種使用等または病原体等使用実験を行う予定の方     

2024年度 開催日程(後日発表します。)


回数 開催日 開催時刻 開催場所
1 2023年4月24日(月)
※終了しました
17:00~ 新講義実習棟3階
P301・P302教室
2 2023年5月23日(火)
※終了しました
15:00~ 看護学部 講堂(本部北キャンパス)
                        
★2回とも同一の講義内容となりますので、どちらかご都合のよろしい回にご参加ください。
 受講後、ELNOでの小テスト受講にて実験への従事が可能となります。
 有効期限は、受講後4年間です。

 ⇒ 2024年度申込フォーム(準備中)
 
※ 上記講義の受講ができない場合、ELNOまたはDVDでの教育訓練受講+小テストとなります。
  その場合、有効期限は受講した年度の年度末までとなります。
  受講が必要な方は、研究推進課(総合研究棟3階・内線2008)までご連絡ください。