精神看護学

山岡 由実 教授

(博士前期課程 教育研究コース)
精神保健医療福祉の新しい動向に常に留意しつつ、患者の統合的な理解に基づいた看護援助の方法を検討します。全人的な視点を基盤にして看護実践を深め、精神看護の発展に寄与し得る研究力・教育力の育成を目指します。

(博士前期課程 高度実践コース)
国内外の精神保健医療福祉の動向、精神看護に関連する諸理論、精神看護アセスメント、看護技法等の検討を行い、高度実践看護師の役割機能に関する理解を深め、必要な能力を育みます。課題研究では、精神看護に貢献できる実践研究能力の開発を目指します。

(博士後期課程)
全人的な視点を基盤にしながら、入学生が計画した研究テーマを精錬させ、精神保健における社会的課題の解決に向け、精神看護の発展に寄与し得る研究論文が作成できるよう研究能力の開発を目指します。