BNCT関連のよくあるご質問

  1. TOP
  2. BNCTの受診を希望される方へ
  3. BNCT関連のよくあるご質問

治療の対象について

  • BNCTの対象疾患を教えてください

    2020年6月1日現在、「切除不能な局所進行又は局所再発の頭頸部癌」が保険承認されて治療対象となっています。

  • 手術、放射線、抗がん剤治療などの他の治療を既に受けている場合も受けることができますか ?
    本治療は既に治療を受けたにもかかわらず再発された方も原則受けることが可能です。
    特に放射線治療を受けた後に再発した方でも、治療を受けることが可能です。ただ、その判断は専門医が診察の上、行うことになります。 
  • 転移がありますが、治療を受けることは可能でしょうか ?
    勿論、可能な場合はあります。ただ、原発部位は制御されているが転移がある場合、また制御されていない場合では対応は異なりますし、病気の進行速度の違いでも対応は変わります。経験ある専門医の判断で最適な治療案を提示します。 
  • ペースメーカーが入っていますが、治療を受けられますか ?
    受けられません。 
  • 年齢制限はありますか ?
    原則成人の方が対象です。 
  • 他、医学的な観点からの全身条件による制限はありますか ?
    制限があります。腎機能と心機能に障害がある場合、本治療の適応が制限されます。この他にも治療を受けられない非適格基準がありますので、専門医とご相談ください。 
  • 日常生活による身体の状況での制限はありますか ?
    制限があります。本治療はパフォーマンスステータス(PS: 日常生活の自立度)が2(歩行可能で、自分の身のまわりのことは全て可能だが、作業はできない。日中の50%以上はベッド外で過ごす)よりも良好な方が対象です。 

治療について

  • 痛かったり苦しかったりしますか ?
    照射中は患部や体の動きを極力抑える必要があり固定がなされます。この固定を苦しいと感じる方がおられます。
    それ以外は治療する病変部位によって変わりますので、個別に説明させていただきます。  
  • 副作用は起こりますか ?
    BNCT治療はエックス線治療等に比べ、皮膚の炎症などの副作用を低く抑えることができるという特徴がありますが、放射線が当たった部位に何らかの副作用が現れることがあります。
  • 主な副作用はどんなことがありますか ?
    一般的な放射線治療の副作用と同じです。
    勿論、副作用の症状や程度については、BNCTを受ける部位や病気によって変わりますので個別に説明させていただきます。 
  • 治療期間(回数)はどのくらいですか ?
    治療回数は原則1回です。
  • 治療開始までどの位の期間がかかりますか ?
    申し込みから約3〜4週間です。
  • 一回の治療時間はどのくらいですか ?
    30分から60分です。
  • 入院が必要ですか? また、期間はどの程度ですか ?
    治療を行った部位が急速に腫れる場合がありますので、治療後3~7日程度の入院が必要です。
  • 退院後、外来通院はどの程度必要ですか ?
    原則として治療後一年は月一回、その後は3ヶ月に一回。ただし病状により幅がありますので、担当医と相談していただくことになります。

治療費について

  • 費用はどのくらいかかりますか ?
    保険診療の適用となるBNCT治療の場合、治療費総額は約400〜500万円となりますが、通常の医療と同様で、自己負担割合に応じて上記金額の1〜3割の自己負担が必要となります。
    また、保険診療においては「高額療養費制度」が利用できます。
    高額療養費制度に関しては、厚生労働省のウェブサイトまたはご加入の保険者にお問い合わせください。

受診・予約について

  • 紹介状がなくても受診できますか ?
    紹介状は必須です。現在かかっている医療機関の主治医からの紹介状が必要です。
  • セカンドオピニオンを受けるにはどうしたらいいですか ?
    現在かかっている医療機関の主治医にご相談ください。BNCTが可能かどうかを判断するには、これまでの詳しい治療歴や受けられた画像検査などの情報が不可欠です。その資料を主治医にご用意頂き、当センターにお送りいただく必要があります。